ガーバーデータ変換サービス

ガーバーデータをCADLUSの基板データに変換

ガーバーデータを読み込み、CADLUSの基板データに変換いたします。

ガーバーデータには標準ガーバー(RS-274D)と拡張ガーバー(RS-274X)の2種類のフォーマットが有ります。

 

拡張ガーバーは1ファイル単位にDコードの定義や座標定義などが含まれておりますので、簡単でケアレスミスがなく取り込む事ができますが、その中にカスタムアパーチャーの定義があり、おもに特殊形状のパッドなどに使用されます。

近々に対応予定ですが、現在はカスタムアパーチャー(特殊アパーチャーなどの定義)にはまだ対応していません。

カスタムアパーチャーを使用した拡張ガーバーの場合はお請け出来ない場合がありますのでご注意ください。

目的機能・制限事項

CADLUSの基板データ化には下記の2種類が有ります。

標準変換

各ガーバーデータを読み込み、所定の論理層に割り当てCADLUSの基板データに変換いたします。

画面で見ただけではCADLUS上で設計した基板と区別が付きませんが、部品面や半田面のパターン、レジスト、シルクなどが各層にバラバラに存在します。また、部品に見えるデータも配置部品ではなく、各層のバラバラのデータです。
しかし、NC(ドリル)データ又は、穴専用ガーバーファイルがあれば、ビアやリード部品の穴のあるランドデータに変換されます。
ランドは、穴径、ランド、レジスト、サーマル、クリアーの設定されたランドデータに変換され、スタックコードは自動追加されます。

NCデータが無く、穴専用ガーバーファイルは全てフラッシュデータである事が条件となります。
よって、NCデータがあれば各層の信号線などの同電位チェックを行う事が可能です。

追加変換

標準変換後に部品化し、配置部品に置き換えします。

面実装部品の場合、マウント基準点は部品の中心に置きますが、部品を元の位置に吸収させ正確に配置する為、配置基準点は1番ピンに置く場合があります。

さらに部品面パターンと半田面パターンとビアによりバラバラな直線データを結線データに変換します。

シルクデータなどで、部品が明確になっている事が条件となります。明確でない場合はその部品は部品化されません。

必要資料

  • 基板構成表 (4層基板。内層の2層目はグランドでネガ面など)
  • ファイル構成表 (xxxx.gbr 部品面パターン、xxxx.gbr 半田面パターン・・・)
    内層データの場合はポジかネガの区別をする情報も必要となります。
  • ガーバーデータ
    標準ガーバー(RS-274D)の場合はDコード表が必要になります。(テキストファイルまたはエクセルファイルでお願いします。)
  • NCデータとそのツールコード表 (T01 0.8mm TH、・・・T08 3.5mm NTHなどを表記した表)
  • 追加変換の場合は部品表

料金

標準変換

原則としてカスタムアパーチャーを使用した拡張ガーバーの場合は、事前にガーバーデータを頂きお見積りを作成いたします。

基板層数 標準ガーバー 拡張ガーバー
4層基板以下 18,000円(税抜)

15,000円(税抜)

6層基板以上 25,000円(税抜)

15,000円(税抜)

追加変換

部品化する部品数や配置部品数などで工数がかなり変動しますので、ガーバーデータをお預かりして、お見積りを作成いたします。

原則としてはカスタムアパーチャーを使用した拡張ガーバーの場合はお請け出来ない場合があります。

お問い合わせフォームページへ

■■■免責■■■

※ガーバー変換した結果の不具合及び損害については、一切弊社は責任を負わないものとします。

PCBクラウドサービス

まずはこちらをご覧ください

よくある質問(FAQ)

CADLUS One 製品全般に関するよくあるご質問にお答えしています。

お気軽にお問い合わせください

電話問い合わせ

CADLUS One サポート担当が丁寧にご対応いたします。

メールでのお問い合わせはこちら

サポートお問い合わせ

保守サポート対応のメール窓口です。素早い対応でサポートを行います。